脱毛のミュゼプラチナム

MENU

ミュゼプラチナムについて

ミュゼプラチナムは脱毛専門、女性限定のエステサロンです。

 

全国に177店舗、海外にも18店舗を持ち、全店舗が直営店です。全員が正社員というサロンスタッフは、技術や接客などの研修を受けた後に店舗で顧客を迎えます。

 

ミュゼプラチナムが行う脱毛は、正式には抑毛(オフヘア)と呼ばれています。ミュゼプラチナムが行うS.S.C.はイタリアのDEKA社が提案する特殊な方式で、現在日本のエステサロンが行う一般的な美容ライト脱毛とは異なるものです。ただし、効果は若干出にくく、痛みの強さは他のエステサロンと違いが無いです。

 

ミュゼプラチナムでのS.S.C.で使うジェルは特殊であることから、一般的な美容ライト脱毛に比べて料金が高くなりがちです。

 

ミュゼプラチナムで全身脱毛を行うと高いとよく言われるのはその為です。

 

しかし、ワキとVゾーンの狭い範囲の脱毛には格安のキャンペーンやセットが用意されていますので、脱毛初心者が挑戦するには最適と言えます。

 

日本ではエステティシャンの公式認定制度が無いので、数あるエステティシャンの協会が独自に認定試験を主催しています。これらの認定制度は必須ではないのですが、資格が必要ないエステティシャンのレベルを一定以上に保つ目的と、顧客が安心してサービスを受けることが出来るひとつの目安としての役割を持っています。

 

ミュゼプラチナムではほとんどのサロンスタッフが、日本エステティック経営者会の実施するJMEエステティシャン認定試験をクリアしています。

ミュゼプラチナムのS.S.C.とは

ミュゼプラチナムが採用しているS.S.C.(スムーススキンコントロール)とは、イタリアの医療機器メーカー、DEKA社が開発した特殊な脱毛方式です。

 

S.S.C.を採用している脱毛サロンには、ミュゼプラチナムの他に脱毛ラボなどもあります。

 

S.S.Cは多くのエステサロンが脱毛で使用しているキセノンフラッシュライトを用いた脱毛方式とは違う仕組みで脱毛を行います。

 

一般的な美容ライト脱毛である、キセノンフラッシュライトを用いる脱毛方式は、医療機関が行うレーザー脱毛とも同じ仕組みを利用しています。

 

光を用いる脱毛の仕組みは、一般的に体毛の色素に光を反応させて発熱を起こし、発毛組織にダメージを与えるというものです。

 

光の波長は特定の色素に反応する性質を持っていますので、黒いメラニン色素に反応する波長の光だけを体毛に当てると、体毛と体毛に密接した発毛組織以外の組織を傷つけずに脱毛処理をすることが出来ます。ダメージを受けた発毛組織は、以後体毛が再生しにくくなり、再生しても目立たない様な細い毛になります。

 

一方、ミュゼプラチナムが採用しているS.S.C.は、抑毛という新発想で、ジェルに含まれた抑毛成分を浸透させることで体毛の再生を抑制するというものです。

 

ジェル内の青いカプセルに含まれる抑毛成分は大豆とサリチル酸で、ライトの光を当てる事でカプセルが溶け、抑毛成分が浸透していきます。

 

ただし、S.S.C.には顔に使用出来ないという弱点があり、出来ても口の周りまでです。その為、顔脱毛を希望する方は他のエステサロンや医療機関との併用を考える必要もあります。

 

クリプトンライトとフィニリーブ

S.S.C.で利用される脱毛機器は、DEKA社が開発したクリプトンライトを用いた専用機器です。

 

一般的な美容ライト脱毛はキセノンフラッシュライトを使用しますが、クリプトンガスはキセノンガスより比重が軽い事から、キセノンガスに与えるよりも少ないエネルギー量で安定的にライトを発光させることが出来ます。

 

するとライトの寿命が長くなり、コストが比較的安く済むという利点があります。

 

S.S.C.の最大の特徴である制毛成分、フィニリーブに配合されているものは大豆や西洋オトギリソウ、尿素をはじめとした植物由来の成分です。

 

フィニリーブには制毛成分のみならず、肌の柔軟化、リフレッシュ、鎮静、保湿などの効果がある美肌成分も含まれています。

 

フィニリーブはデリケートなので、使用直前までジェル内のカプセルに内包されています。そして光を当てることによりカプセルが壊れて成分がジェルに溶けだします。また、光による温熱効果は毛穴を開き、より効率的な脱毛効果を得る効果ももたらします。

 

そして、アレルギーがあればこの限りではありませんが、S.S.C.である事で特別肌トラブルが起こる事はありません。

 

ただ、光を使用することから火傷の心配が無いとも言い切れませんので、ミュゼプラチナムでは事前のカウンセリングで肌トラブルを起こす可能性のある方は断りますし、脱毛施術の直前にも肌の状態で脱毛を取りやめる場合もあります。

 

また、万が一肌トラブルが起こった場合も皮膚科を紹介するなどの処置をとってもらえます。

 

ミュゼプラチナムは医療機関では無いので治療は行えませんが、肌トラブルを事前に防ぐ事を徹底していますので、基本的に安心して脱毛を受ける事が出来ます。

ミュゼプラチナムの脱毛とジェル

ミュゼプラチナムが採用しているS.S.C.は、ジェルに含まれている有効成分を発毛組織に作用させて体毛の再生を抑制します。ジェルに含まれている有効成分とは、制毛成分フィニリーブです。

 

フィニリーブが内包されている青いカプセル(トレジャービーンズ)にクリプトンライトの光を当ててカプセルを破り、ジェルに溶けだした有効成分が発毛組織に働きかけて制毛効果をもたらします。

 

熱により直接発毛組織にダメージを与える方法ではないので肌への負担が少ないと言われています。大豆由来の制毛成分を使用するという事で、一時登場した非熱式脱毛と似ているとも言えますが、S.S.C.が持つ効果の方が格段に高いことが特徴です。

 

エステサロンの美容ライト脱毛や医療機関のレーザー脱毛は、多くの場合で事前にジェルを塗ります。

 

ジェルは、肌のクールダウンや痛みの軽減、保湿などの効果があり、肌へのダメージを軽減する為に使用する重要な存在です。

 

しかし、そのジェルが冷たい、それによって寒く感じるなど、ジェルを使用する脱毛を苦手とする方が多くいらっしゃる事も事実です。

 

レーザー脱毛器や美容ライト脱毛器によってはジェルが不要の場合がありますが、ミュゼプラチナムのS.S.C.ではジェルに含まれる制毛成分あっての脱毛ですので、ジェルの使用が必要不可欠です。

 

しかし、何度か施術を行った後にやはりジェルを使用する脱毛が苦手と感じた場合でも、ミュゼプラチナムでは途中解約する事も可能ですので安心です。

 

ミュゼプラチナムの脱毛の流れ

ミュゼプラチナムで受けられるS.S.C.は、脱毛の方式が違うだけで施術全体の流れは一般的なエステサロンでの美容ライト脱毛と変わりません。

 

一般的なエステサロンの美容ライト脱毛でも、ミュゼプラチナムのS.S.C.でも、脱毛の前日か当日にカミソリや電気シェーバーで処理箇所を剃毛しておく必要があります。
届かない場所があったり忘れたりした場合はサロンで処理する事が出来ますが、施術に時間がかかってしまうので、出来る限り事前に自己処理を心掛けた方が良いです。

 

脱毛を受ける際の服装なのですが、清潔なガウンかキャミソールがサロンに用意されているので心配ありません。

 

また、デリケートゾーンの施術の場合は紙ショーツも用意されています。

 

場合によっては機械を移動する理由から、カーテンで仕切られている箇所もある様ですが、基本的には全個室なので他のお客さんを気にせず脱毛が受けられます。

 

準備が出来たら施術箇所を清潔にし、S.S.C.専用のジェルを塗ります。

 

その後、光を当てることで制毛処理が出来ますが、強い光なので目を保護するためにゴーグルを装着します。

 

S.S.C.専用機器は光を当てる面が広いので、両方ワキの処理なら3分程度で終わります。

 

光を当てたらジェルを拭き取り、更に処理箇所を冷却します。そして最後の仕上げに、ミルクローションでトリートメントを行います。

 

処理をした体毛はその場では抜けず、2週間程すると自然と抜け落ちます。そして2か月から3か月後に、次に生えてきた体毛を処理します。

 

その繰り返して徐々に体毛が目立たない様になってきます。

ミュゼで脱毛を受ける前に

エステサロンなどの施設で脱毛を受けると、自己処理では難しかった部位もきれいに処理してもらえます。

 

ミュゼプラチナムで脱毛を受ける前に、脱毛の基礎知識を少し知っておきましょう。

 

エステサロンでの脱毛には、糸脱毛やブラジリアンワックスなどもありますが、これらは物理的に抜くだけの脱毛なので必ず体毛の再生が起こります。

 

一方ミュゼプラチナムのS.S.C.をはじめとして、レーザーで行う永久減毛、電気針で行う永久脱毛などは、その後の体毛の再生を起こりにくくする脱毛法です。

 

ミュゼプラチナムのウェブサイトやカウンセリングでも説明がありますが、体毛には「毛周期」というものがあり、基本的には体毛の成長が活発な時期を狙わないと施術に効果が無いと言うのが脱毛の常識となっています。

 

全身には無数の毛穴がありますが、その内体毛が生えているのは全体の3分の1程ですので、一度処理を行った部位でもしばらくすればその範囲にある残りの毛穴から体毛が生えてきます。

 

部位によってばらつきはありますが、大体2か月から3か月ほどのペースで施術を行い、脱毛終了までに半年から2年かかるのが一般的です。

 

ミュゼプラチナムのS.S.C.は制毛(オフヘア)と呼ばれており、脱毛効果を実感できるようになるまでが緩やかなので、脱毛終了まで3年かける方もいらっしゃいます。

 

一般的に早い効果を求める場合はレーザー脱毛や電気針脱毛が奨められますが、料金の高さや痛みが気になるところです。

 

最近ではエステサロンでも効果の実感が早い機器が登場していますので、もっと早く脱毛の効果を出したい場合はS.S.C.以外の方法を使うエステサロンを探してみても良いでしょう。

ミュゼプラチナムの噂

ミュゼプラチナムは顧客からの評価が高い脱毛エステサロンとして有名ですが、口コミなどを見ると色々な情報が氾濫しています。

 

良い情報と悪い情報があるので判断が付きにくいのが現実です。また、エステサロンの口コミは何故か苦情が多くなる傾向があり、一時期ではライバル店によるネガティブキャンペーンなども行われていたようですので、悪いイメージが付いてしまっている方もいるかもしれません。

 

ただし、実際に不満を引き起こしている原因もあります。

 

ミュゼプラチナムは店舗を順調に増やしてはいますが、それでも地方の店舗が少ない地域や立地条件、また時間によって非常に混みあい、人気があるミュゼプラチナムでは必然とも言えます。ただし、予約時間をきちんと割り振っているので来店後に待たされることは無いようです。

 

また、人気があり予約が取れないという事は忙しいと言う事です。サロンスタッフの方も人間ですので、場合によっては態度が良くない時があると言われています。

 

しかし、基本的に教育が行き届いているので、サロンスタッフの対応が良いという意見の方が優勢です。

 

そして、ミュゼプラチナムのS.S.C.は、制毛と言う考え方で永久脱毛では無いのですが、知識があまり無い方からすれば効果が無いように感じるかもしれません。

 

また、方式が特殊なので基本的には料金が高いです。

 

これらの3点が不満としてよく挙げられますが、不便な点は理解して上手に利用している方は沢山いらっしゃいます。

 

おおむね評判は良好なので、それを踏まえて利用する事が大切かもしれません。